先週末から
急激に具合が悪くなって来た珠ちゃん。



1月15日に管理センターから
保護主さんの元に来た時より
乳腺腫瘍の患部は
3倍以上に大きくなっており

痛みと発熱からか
とても辛そうでした。


昨日注射と点滴
痛み止めのお薬を飲ませていただいて
やっと、ゆっくりと眠るようになりました。



現在の珠ちゃんの様子です。

患部の写っている写真があります。











IMG_5721


IMG_5727




珠ちゃんは

卵巣にも腫瘍があって
そちらの方が先で
ホルモンの過剰分泌により
乳腺腫瘍を引き起こした可能性もあるそうです。


今回管理センターに持ち込まれた25匹の猫のうち
4匹が乳腺腫瘍(乳癌)を患っていました。

1匹は管理センターで亡くなり
3匹はボランティア宅で保護しており
どの子もかなり進行した状態です。


今回の多頭飼育崩壊猫たちは
例に漏れず
すべての猫が未避妊、去勢でした。


不妊手術を受けさせていれば
繁殖制限だけでなく
オスは精巣癌
メスは乳癌、卵巣癌のリスクはほぼ無くなります。


不妊手術を受けさせることにより
発情しなくなり
発情特有の鳴き声や、猫同士のケンカ
マーキング行為(尿をあちこちにかける)尿臭の軽減など
問題行為が格段に軽減します。




どうか
珠ちゃんたちのような
辛い思いをする猫がこれ以上増えないように

飼い主の責任として
不妊手術を受けさせることが
当たり前の世の中になって欲しいです。





IMG_5726



少し穏やかな表情になってくれました