年末から年始にかけて
動物管理センターに
殺処分前提で持ち込まれた猫たち。

その中の1匹をねこクラブたまでお預かりしています。

名前は珠(たま)ちゃん。

IMG_5061


やせ衰えて
フラフラだった珠ちゃん

珠ちゃんは乳腺腫瘍を患っていて

保護主宅で十分に栄養を与えて
静養させてから
避妊手術と腫瘍の切除手術を受けさせる段取りでした。




おととい
動物管理センターにて
手術が行われたのですが

卵巣にも転移していて
近くに動脈が通っているので
切除がでないとのことで

手術ができない状態でした。

IMG_5666 2




保護して、今月で2ヶ月になるのですが
まだ、物音、人、他の猫

すべてのものに怯えて

毛布で覆ったケージに中でなら
落ち着いていられるようです。


IMG_5662




病巣を取ってあげることも難しい状態なので
今後は緩和ケアをしていくことになりました。



毛布の隙間から
表情のない瞳でこちらを見つめ
じっと固まっている珠ちゃん。

IMG_5664




今まで、どんな環境で
どんな暮らしをして来たのだろう・・・



猫も人も同じで
心に傷を負います。



多頭飼育崩壊の猫
ネグレクト状態からレスキューした子は

一様に心を閉ざしています。




卵巣腫瘍も
乳腺腫瘍も

避妊手術をしていれば
ほぼ防げた病気です。




私たちにできることは

珠ちゃんのこれからの猫生を
おいしいごはんと
清潔な寝床

暖かいことば
優しいことばで

いっぱいにしてあげること。


それしかできないけれど



珠ちゃんが
今まで与えてもらえなかったものを
スタッフみんなで
いっぱいにしてあげるよ。



みんな珠ちゃんのことが
大好きだから

優しい保護主さん宅で
ゆっくり静養してね