子猫の季節

この時期、猫ボランティアの元へ続々と

「子猫を見つけたんですけどどうしましょう。」
「保護してもらえませんか?」

等の依頼が殺到します。

ねこクラブたまも例にもれず近隣地域で保護された
子猫たちの保護で手一杯です。

現在、7匹の子猫のお世話をたま、保護スタッフで手分けして
お世話しています。

スクリーンショット 2017-05-24

保護の必要な子猫がいたら、ぜひご自身で
保護してあげてください。

「でも、子猫とか育てたことないし・・・」
「ずっとおうちで飼うのは無理なんだけど・・・」

様々な不安がよぎると思いますが

現在、ボランティアとして保護活動している人も
皆、初めは初心者でした。

ミルクの飲ませ方
排泄のさせ方
保温方法

病院に連れて行き
人に聞いたり、調べたりして
手探りで目の前の小さな命をなんとか助けたいとの思いから
でした。

SNSなどの便利な情報ツールが今はあります。
必要な情報や知識は、すぐに検索できます。

そして、1番大事なことは
母猫に避妊手術をするということです。
それをせずに、子猫の保護を続けるのは
エンドレスで不可能なことです。

目の前の小さな命を救いたい

思う気持ちは皆同じです。

あとは、行動するか、しないか。

それだけだと思います。


ちなみに
子猫を拾ったら

・まず保温
 小さめの段ボールなどにフリースやタオル
 その上に、ペットシーツを敷き子猫を寝かせます。
 ペットシーツの下にホッカイロを敷いたり
 500mlのペットボトルにお湯を入れ
 ペットシーツでくるんで湯たんぽ状にして入れます。
 この時期の子猫は、まだ体温調節がうまくできません。
 低体温は命取りになります。

・ミルクの飲ませ方
 猫用のミルクを用意し
 人肌に温めて子猫用の哺乳瓶で飲ませる。
 うまく吸えない子には、スポイトやシリンジで
 口の横から軽く差し込むようにして
 ゆっくり与える。
 
 冷めたミルクや牛乳は絶対に与えないでください。

・排泄
 温めた赤ちゃんのお尻拭きなどで
 お尻の辺りをトントンと軽く刺激する。
 刺激により、排泄が促されます。

元気に育てば、その後の里親探しなど
命のリレーは繋げていけます。

そのためにも
ねこクラブたま、譲渡会開催頑張ります!

スクリーンショット 2017