2014年09月

地域猫活動

地域猫活動をご存知ですか?
野良ネコ・捨てネコをこれ以上増やさないために
現在少しずつですが、各地域に浸透していっている活動です。 
たまの活動地域近隣のお寺の溝で、まだへその緒の付いた赤ちゃん猫が保護されました。
体重が80グラムにも満たない、ハムスターよりも小さな子猫が2匹です。
P9270194



















個人のボランティアさんが自宅近くのネコさんを手術されてはいますが
一斉のTNR活動(捕獲、手術、リターン)は行われていない地域です。
飼い猫への避妊手術も、まだまだ徹底されていないのが現状です。

見つけた方が、放っておけないけれども
ご自分がアレルギーがあるとのことで、ご相談の連絡がありました。
たまはシェルターなどの施設を持って、受け入れなどを行っているわけではありません。
有志のボランティアさんたちが、分担して里親が決まるまでのネコさんのお世話や
お預かりをしてくださっています。
いつも、いっぱいいっぱいでやりくりしているのが現状です。
 
捨てられた子猫が自力で生き延びていけることは本当にまれで
幸運に、人に保護されても命を失う子がとても多いです。
たまが過去に保護した子猫さんも、ボランティアさんがミルクの濃度を変えたり
毎日病院に連れて行ったり、精一杯の介護をしても命を落としてしまった子が 何匹もいます。
お住まいの地域内で、このような連鎖を繰り返さないためにも
不妊、去勢手術が必要なのです。


地域ネコ活動とは、神戸市からも推奨されている野良ネコ問題の対策で
野良ネコに不妊、去勢手術をしてこれ以上増えないようにした上で
一代限りの命を全うするまで、その地域で適切に管理していく活動です。
不妊、去勢手術行うことにより
1. 新しく子猫が生まれなくなるために、野良ネコの数が増えなくなります。
2. 1代限りの命を全うさせることで、新たなネコも入ってこず徐々に数が減っていきます。
3. 発情によるケンカや、さかりの鳴き声が軽減し尿のにおいも薄くなります。
このように、不妊手術を行うことにより多くの効果があります。

・・・飼い猫に子猫が生まれても飼えない・・・
今回のような捨て猫の悲劇をなくすためにも飼い猫にも不妊・去勢手術を受けさせましょう

りんちゃん

りんちゃんの里親さんからのお便りです。

りんちゃんと先住ネコさんの風ちゃんは仲良しになりました!
あとは、りんちゃんのマーキング癖が治ってくれたら・・・
りんちゃん、もうやめようね

 里親さんからのメッセージです

りんが来て6カ月経ちました。
日に何度も足元に来ては「撫でて」とゴロンと寝転びお腹を見せます❤
お風呂場にも付いて来て外で鳴くのでゆっくり入れません
大変な甘えたさんです。
キャットドアを付けたら風とふたりで上手に行き来して走り回ってます。
先日ワクチン接種を済ませて来ました
相変わらず痩せていておチビさんですが、毛艶も良いので大丈夫ですよと言ってもらいました。
又、報告させて頂きますね。
追伸
布団にオシッコをするので閉めていた部屋を4ヶ月ぶりに解禁しました
又、2回されたのですが2回目は現行犯だったので
大きな声で叱ったら飛んで逃げて行きました
これで懲りてくれれば良いのですが…

IMG_0412IMG_0413 

くぅちゃん

正式譲渡が決まったグレちゃんは
新しく空ちゃん(くぅちゃん)と 名前を付けてもらいました

やんちゃで遊ぶのが大好きな空ちゃん。
新しいおうちで、元気に育ってね 

里親さんからのお便りです。

先ほどくぅの予防注射に行ってきました。
ここ最近で一番立派だと先生に言われました。やはり足が大きいから大きくなりそうですね
先生も猫を飼ってはるので色んなアドバイスをしてもらいましたっ。

 
image00青いリボンが似合ってます
 
 

ホソミンのこと

ホソミンちゃんは、とある団地内のごみステーションの前で
うずくまっているところを保護された子です。

成ねこさんですが、体重が2キロもなくガリガリでよれよれの状態でした。
耳だれや鼻水もひどく鼻が詰まっているのか横になって寝ることもできませんでした。

病院で診てもらった結果耳の中の腫瘍の疑いがあるとのこと。

耳道咽頭部腫瘤切除術の手術を行いました。
検査の結果、 ホソミンの腫瘍は良性でした

写真は右側が咽頭部分腫瘍です。左側が耳道の腫瘍です。
DSC_0266 














特に咽頭部分腫瘍は気道チューブを入れるのが困難なぐらい大きかったようです。

手術前は息をするのも苦しかったのでしょう、常時イビキのような音をたてていました。
横になって寝るのもできない状況で座りながら寝ていました。

手術後はイビキも鼻水もスッカリおさまりました。今は横になって寝ています。
元気に走りますしジャンプもできます。

食べるのも少しずつしが食べれなかったのが、今は食欲旺盛で体重も2,7キロになりました。

ただ外耳の縫い合わせを再度やり直すかもしれません。

それでも手術前後の違いの大きさに獣医さんも驚いています。
DSC_0269














もう少ししたら、元気になったかわいいホソミンちゃんの写真をアップできると思います。

ホソミンちゃんの術後の経過が順調でありますよう、祈りを込めて・・・ 

のびたくん

飼えないから・・・ときょうだい3匹ですてられるところを
ボランティアさんのお知り合いの方にレスキューされた「がく・れいこ・はなまる」

はなまるくんの正式譲渡が決まりました 
名前は「のびたくん」とつけてもらいましたよ

人が大好きでやんちゃなのびたくん
新しいおうちで幸せになってね 

里親さんからのメッセージです

猫さんが来て1週間がきました     家族みんなの人気者で大変なついています
名前はのびたくんにきまりました
トライアルも終わろうとしています
このままうちの子としてずっと家にいてもらいたいと思っています
写真に写っているのび太君の前にあるお手玉が大好きで投げると走って取りに行き
何度もおてだまをくわえてもってかえってきます         ビックリです!

写真

 

 
ギャラリー
  • マンソン裂頭条虫
  • ミクちゃん、ニコちゃん検診へ
  • ミクちゃん、ニコちゃん検診へ
  • ミクちゃん、ニコちゃん検診へ
  • 日曜日の譲渡会にて
  • 日曜日の譲渡会にて
  • 譲渡会のお知らせ
  • 譲渡会のお知らせ
  • 譲渡会のお知らせ